事業計画

令和元年度 事業計画書

Ⅰ.基本方針

当財団は、三重大学医学部創立50周年事業の一環として、地域の医療水準を維持し日々向上していくためには、医学医療分野の研究の推進が必要不可欠の要素であるとの認識の基に、三重県下における医学医療の研究の活性化を図るため研究助成金の募集を行ったことが契機となり、平成5年11月に設立されました。平成20年12月1日、新公益法人制度の関係法令が施行されたことに伴い、平成23年11月1日付けで、本法人は公益財団法人として新たな第一歩を踏み出しました。
令和元年度の事業は、次の通り実施します。

Ⅱ.事業内容

1.医学、医療分野の学術研究の推進や診療実績の向上などに寄与するための助成

公募により申請のあった研究や診療、医学教育、社会貢献などの業績にうち、顕著な実績を挙げたものを選考し、必要資金の一部を助成する。(1件200万円以内、総額900万円)
県内の大学や研究機関、医療機関に募集要項を送付するとともに、ホームページを利用して関係者への周知を図る。また三重県医師会などに依頼して機関誌を通して広報し公募する。

2.医療従事者(医師を除く)を対象とした研修会、講習会などの活動実施団体に対する助成

公募によって申請のあった研修会、講習会などに、必要資金の一部を助成する。(1件5~10万円程度、5件以内、総額30万円以内)
三重県下の医療機関および三重県看護協会、薬剤師会、放射線技師会などの団体に募集要項を送付するとともに、ホームページを利用して関係者への周知を図る。また、三重県医師会などに依頼して機関誌を通して広報し公募する。

3.健康教育に関する公開講座の共催

一般市民を対象に、健康教育に関する公開講座を三重大学医学部と共催し、疾病に対する予防知識などを普及し、市民の健康に対する意識の向上と健康の保持、推進をもって地域医療の質的向上を図る。

以上



ダウンロード
EXCEL収支計算書(平成30年度)
ページ先頭へ戻る